着物とのご縁を『結びたい』

kimono結では初心者さんにわかりやすく着付けをお伝えしサポートします。キレイな和服姿で札幌の街をお出かけしませんか?

初めての方へ

着物の面倒な季節のルールは守るべき?

2018/10/16


着物季節ルールとは?必ずその通りにしなきゃダメなの?

これから着付けを始めたい方や興味をお持ちの方に覚えて欲しいことのひとつに着物の衣がえについてです。1年を通して形が変わらない着物は、仕立てや素材で季節感を表します。

基本的なルールとして、10月〜翌年5月は袷(あわせ)という裏を付けて仕立てたものを着ます。6月・9月は単衣(ひとえ)という裏を付けずに仕立てた透けないもの、7月〜8月は薄物(うすもの)絽、紗、羅などの薄くて透けるものを着ます。これは明治政府が作った洋服の衣がえのルールにならったものと言われています。

着物季節ルールは?|kimono結

今から約150年ほど前に作られたルールを今も守っているような状況です…。しかし、当時と比べて地球温暖化も進み気候状況も変化しているのと、地域によっても変わります。あくまでも目安にするだけで私は良いと思っています。正式な場所でない限り、相手から見て季節感を感じるように着ることが大切だと思います。

例えば5月の中旬〜下旬の時期に着る予定があって気温が高い日なら先取りして単衣を着たり、9月の下旬に着る予定で寒かったら袷にするなど臨機応変に対応したら良いと思います。その際には色や柄も実際の季節よりも先駆けて選ぶことが重要です。

着物季節ルールとは?|kimono結

実際に着物を着ている私でもこの着物のルール、たまにちょっと悩みます(笑)そして、他の着物を着る方々でもそのように感じていらっしゃる方達の声から生まれた“59kimono”(ごっきゅうきもの)という5月~9月まで着られる着物も出てきているようです。先程ものべましたが150年前の季節のルールですし、今では夏の暑さ自体が命の危険を及ぼす程の暑さと言われているくらいですから…、今の生活にあった着物があっても良いかもしれませんし、着物初心者さんには1枚で5か月も着られるならお得かもしれませんね!

また今後仕立てる時も、色や柄を考慮して袷仕立てにするのか単衣仕立てにするのかも考えた方が良いと思います!特に初心者さんでこれから揃えていきたい方は袷の着物があると10月~5月までと長く着られます。季節感がはっきりない柄(例えば季節が限定されない抽象的な花など)だといつでも着られて、帯や小物を少し変えるだけで印象も変わります。

着物季節ルールは?|kimono結

初心者さんにとってはいろいろなルールが面倒だなぁって思われるかもしれませんが、お洋服で夏にセーターを着ないのと一緒でお着物も季節や時期によって着る物が変わります。基本的なルール(いつからいつまではどの着物を着ていいのか?)は頭に入れつつも自分が心地よい着方をして楽しんでもらえたら嬉しいです。


着物季節ルールはご存知ですか?|kimono結

これからお着物を始めたいと考えていらっしゃる方は、このような基本的なことを聞けるこれからお着物を初めて着る人が一歩踏み出すランチ会にぜひご参加ください!毎月開催しており洋服で参加できますのでお気軽にどうぞ!

 

【メルマガのご案内】

ご登録いただいた方には今後ランチ会の日程を先にご案内させていただきますのでお楽しみに^ ^

着物季節ルールは?|kimono結

着物や着付けに興味があるけど基本的な知識がないし何を揃えたらいいのかもわからない…。そんな方向けにメールにて基本知識やその他お役に立てる情報を7日間に渡ってお伝えします!ぜひこの機会にご登録ください。

 

着物季節ルールを無視してもよい?|kimono結

着物初心者さん向けに私が積んできた経験からお役に立ちそうな情報をお伝えいたします。

 

【おすすめ記事】

これからお着物を初めて着る人が一歩踏み出すランチ会

着物季節ルールとは?|kimono結


-初めての方へ